狂言師 小笠原匡

プロフィール

コンセプト

■ 小笠原 匡 (おがさわら ただし)

和泉流 狂言師。 重要無形文化財総合指定保持者
公益社団法人・能楽協会会員  社団法人・日本能楽会会員

初世 野村 萬(芸団協会長。人間国宝。芸術院会員。紫綬褒章受賞。文化功労者)
故八世 野村万蔵(演出・劇作家。織部賞受賞)及び九世 野村万蔵に師事。

現在『萬狂言』 関西支部代表
東京・大阪・滋賀・豊田・新潟・千葉 “若菜の会” 主宰
「風流」(能・狂言・文楽・落語・講談・和太鼓の6ジャンルコラボレーション)主宰
Eenen「延年」主宰

千葉大学客員教授  東京放送大学非常勤講師 
能楽協会京都支部所属  劇団「青年座」講師  大阪能の面研究会顧問

略歴
1965年

8月27日 東京生まれ

1983年

八世 野村万蔵に入門

1986年

5月、「舟ふな」シテにて初舞台

1989年

国立能楽堂 第二期能楽研修入所

1990年 1月、

鉄仙会にて「千歳」を披く

1991年 1月、

フランス、A・R・T・A
(Association de Recherche des Traditions de I’Acteur)主催の
スタージュにおいて1ヶ月間 狂言・演劇一般の実技指導を行う

1993年 3月、

奈須与市語」 を披き、国立能楽堂 第二期能楽研修修了

9月、

皇太子殿下 雅子妃殿下 御成婚祝賀記念式典(宮中)において
萩大名」 太郎冠者を演ずる

1994年 1月、

フランス、テアトル・デュ・ソレイユ狂言公演に出演

1996年 1月、

披の会にて 「三番叟」 を披き独立
同月、フランス、A・R・T・A
(Association de Recherche des Traditions de I’Acteur)主催の
スタージュにおいて1ヶ月間 狂言・演劇一般の実技指導を行う

1997年

フランス・リヨンにおいて(コメディ・サンテティエンヌ)主催の
スタージュにおいて1ケ月間 狂言・演劇一般の実技指導を行う

10月、

落語狂言会において「死神」に出演
同作品は平成8年度文化庁芸術祭賞・演芸部門優秀賞を受賞

1998年 3月、

長野パラリンピック閉会式出演

5月、

ブラジル日本人移民90周年記念祭に、外務省より派遣公演

2000年

萬狂言披の会にて 「金岡」 を披く
新生狂言(新作) 「白雪姫」 に出演
同作品は平成12年度児童福祉文化賞受賞

2001年 2月、

「風流」(能・狂言・文楽・落語・講談・和太鼓の6ジャンルコラボレーション)結成

7月、

新作狂言 「鉢かづき」 (大阪を題材にしたお伽草子より)劇作・演出する

2003年 2月、

「オーケストラ・狂言舞・和太鼓・篳篥のコラボレーション」
(作曲・三枝成彰)で ドイツ、オーストリア他数十カ所を一ヶ月に渡り公演

5月、

萬狂言大阪公演にて 「釣狐」 披く

8月、

関西楽劇フェステバル協議会・上方ルネッサンス2003にて
「歌舞伎発祥400年 復元 阿国歌舞伎」 に出演

10月、

萬狂言本公演にて 「釣狐」 再演

2004年

NHK古代史ドラマ 「大化の改新」 芸能指導

3月、

「風流」 公演にて狂言・文楽・和太鼓コラボレーション作品 「刀こぶ」 を
劇作・演出・主演

8月、

早稲田大学非常勤講師就任  演劇ワークショップにて
シェイクスピア作 「ベニスの商人」 を演出

10月、

名古屋市民芸術祭 北村想作 「武悪〜しぇいくすぴあふう〜」 に出演

11月、

融通念仏宗主催事業にて新作狂言 「京都大原良忍物語」 劇作・演出する

2005年

NHK大河ドラマ 「義経」 芸能指導

3月

愛知万博開催記念特別公演 「ふるさとの四季」 を作・演出・主演する

7月、

「風流」 公演にて 「良忍さん」 を劇作・演出・主演

8月、

早稲田大学演劇ワークショップにて チェーホフ作 「三人姉妹」 演出

9月、

千葉大学非常勤講師就任

12月、

千葉市文化財団主催 「新千葉笑い」 を作・演出・主演する

2006年 1月、

NHK金曜時代劇 「出雲の阿国」 芸能指導

3月、

豊田能楽堂主催公演にて 「石川五右衛門」 劇作・演出・主演

9月、

早稲田大学演劇ワークショップにて
サミュエルベケット作 「ゴドーを待ちながら」 演出

11月、

久保田一竹工房開設45周年記念公演 「舞衣夢2006」 語り部役にて客演

12月、

延年にて 「平成版・阿国歌舞伎」 劇作・演出

2007年 1月、

千葉大学客員教授就任

2月、

「風流」 公演にて 「光源氏」 劇作・演出・主演

7月、

「NHK短歌」 にゲスト出演

8月、

大津伝統芸能館主催・夏休み狂言教室を主任

8月、

彦根市教育委員会主催・夏休み子供狂言教室を主任

10月、

現代狂言2にて南原清隆・渡辺正行・島崎俊郎と共演

10月、

多賀大社平成大修復記念式典にて 「末廣」 を奉納

10月、

狂言と鼓童のコラボレーション 「蓬莱貴譚」 全国公演を劇作・演出・作曲・主演

11月、

フランス・パリ日仏文化会館10周年記念公演に出演

12月、

房総発見伝IN狂言にて創作狂言 「千葉の羽衣」 劇作・演出・主演

12月、

奈良・橿原会館にて新作狂言 「新・京都大原良忍物語」 を劇作・演出・主演

2008年 1月、

萬狂言本公演にて 「花子」 披く

2月、

延年にて 「琵琶と狂言の夕べ・平家物語」 延年版・平家物語 作・演出

3月、

「風流」 公演にて “神・男・女・狂・鬼” を構成・演出

6月、

萬狂言大阪公演にて 「花子」 勤める

8月、

彦根市教育委員会主催・夏休み子供狂言教室を主任

10月、

現代狂言3にて南原清隆・嶋大輔・彦麻呂と共演

11月、

房総発見伝IN狂言にて創作狂言 「鬼の来迎」 劇作・演出・主演

11月、

イタリア・ローマ日本文化会館、オルヴィエート・テアトロボーニにて
デモンストレーション及びWSを公演

2009年 2月、

「風流」 公演にて構成・演出

3月、

延年にて 「狂言文楽浪花話」 作・演出

8月、

彦根市教育委員会主催・夏休み子供狂言教室を主任
ITIワークショップにて10日間指導を行う

11月、

TBS歴史大河スペクタクル
「唐招提寺1200年の謎〜天平を駆けぬけた男と女たち」 芸能指導

12月、

房総発見伝IN狂言にて、創作狂言「オトタチバナヒメ」劇作・演出・主演

延年にてイタリア伝統仮面劇・コンメディア デッラルテとのコラボレーション
「コメディア合戦イタリアVS日本」 企画
新作 「TONTO盗人」 を劇作・演出・主演

2010年 1月、

奈良遷都1350年記念五流能にて 「川上」 を勤める
「唐招提寺」 がTBSテレビ部門役員賞受賞

2月、

パリ日仏文化センターにて 「狂言スタージュ」 及び
「狂言デモンストレーション」 を公演

3月、

大津伝統芸能館にて 「狂言と落語」 会を主宰

横浜市 「久良岐能舞台」 にて 「小笠原匡狂言会」 を主宰

関西経済連合会主宰 「伝統芸能へのいざない」 にて
「狂言文楽浪花話」 を再演

4月、

千葉放送大学非常勤講師に就任

8月、

彦根市教育委員会主催・夏休み子供狂言教室を主任

11月、

房総発見伝IN狂言にて
創作狂言 「水戸黄門と藪知らず」 劇作・演出・主演

2011年 2月、

延年にてイタリア伝統仮面劇・コンメディア デッラルテとのコラボレーション
「狂言対コンメディア・デッラルテ」 企画
新作 「はらきれず」 「異人相撲発気揚々」 を劇作・主演

5月、

融通念仏宗主催事業にて新作狂言 「京都大原良忍物語・獅子岩編」
劇作・演出する

7月、

フランス木管五重奏ユニット・アルテコンボとの狂言コラボレーションコンサートを 熊本・大分・天草にて公演

9月、

豊田市制60周年記念公演にて
新作狂言 「ある日の三英傑〜信長・秀吉・家康そろい踏み〜」 を演出・主演

9月、

NHK連続テレビ小説 「カーネーション」 所作指導

9月、

第二回平岡神社 「平国神楽」 演出補佐及び出演

10月、

伊弉諾神宮 「創生神楽」 演出補佐及び出演

11月、

京都国民文化祭・京都国際マンガミュージアムイベントにて
「ネオ狂言×マンガ×仮面劇〜赤塚不二夫の世界〜」 と題して、
赤塚不二夫ギャグ漫画をコンメディア デッラルテ様式にて
劇作・演出・主演する

11月、

文化庁・観光庁主催事業 「創生神楽」 演出補佐及び出演
イタリア・フィレンツェ、ノバーラにて公演

11月、

文化庁ブルガリア能楽公演に参加
ブルガリア市民参加 新作能 「水の輪」 指導及び出演

12月、

千葉市文化財団主催公演 「千葉わらい」 を劇作・演出・主演

2012年 1月、

古事記編纂千三百年記念 「創生国生み神楽」 洲本公演を演出補佐及び出演

4月、

桃山学院大学客員教授就任。国際教養学部にて春期・秋期通して講義を担当。 桃山学院大学地域連携共同研究プロジェクト「中近世の日本とイタリアにおける仮面喜劇の生成発展と現代的実践について」を立ち上げる。

4月、

関西文化力会議にて 祭式「三番叟 神楽式」を演出
中之島宣言を奏上する

4月、

安来市清水寺にて「摩多羅神舞」を考証・復元する
 ご案内の資料はこちら  (PDFファイル 0.9MB)

8月、

彦根市教育委員会主催・夏休み子供狂言教室を主任

9月、

延年にてイタリア伝統仮面劇・コンメディア デッラルテとのコラボレーション「KYOGEN×COMMEDIA 狂言の起源を探って」主催。 新作「うもうて死ぬる」「健康元年」を劇作・演出・主演
桃山学院大学地域連携共同研究プロジェクトとして、シンポジウム「現代社会と古典喜劇 狂言とコンメディア、デッラルテの出会う所」を企画。 パネリストとして講演

9月、

第三回平岡神社「平国神楽」演出補佐及び出演

10月、

桃山学院大学地域連携共同研究プロジェクト「中近世の日本とイタリアにおける仮面喜劇の生成発展と現代的実践について」第一回研究発表でヴェネツィア大学にて「狂言とコンメディア・デッラルテの源流を探る」シンポジウム・WS・デモンストレーションを行う
 資料・詳細はこちら  (PDFファイル 2.7MB)
 能面シンポジウムのパンフレット  (PDFファイル 0.6MB)

12月、

千葉県文化財団主催公演「鬼来迎」を劇作・演出・主演
千葉県文化会館、東総文化会館にて二日間公演

2013年 2月、

関西大阪21世紀協会 30周年記念式典にて「鎮魂延年の舞」を演出・主演

3月、

和歌浦・仮面フォーラム「芸能と仮面のむこうがわへ」にて「黒い媼」舞を再演。中世民間仮面研究・乾武俊作「カイナゾ申しに参りたり」を演出・主演

4月、

NHK「旅のチカラ 女優・草刈民代コンメディア・デッラルテを学ぶ」番組を企画、演出、コーディネート及び、指導を行う

8月、

彦根市教育委員会主催・夏休み子供狂言教室を主任

9月、

NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」所作指導

9月、

延年「コンメディア・デッラルテ」WSを大阪にて5日間主催

9月、

フランス木管五重奏ユニット・アルテコンボと狂言のコラボレーション「猿神」を劇作・演出・主演。東京・岐阜にて公演

12月、

千葉市文化財団主催公演「はごろもかたり」を劇作・演出・主演、千葉市文化会館公演にて公演

2014年 3月、

桃山学院大学地域連携共同研究プロジェクト「中近世の日本とイタリアにおける仮面喜劇の生成発展と現代的実践について」第ニ回研究発表でヴェネツィア大学にて「狂言とコンメディア・デッラルテの源流を探る」シンポジウム・WS・デモンストレーションを行う
 ポスター資料はこちら  (PDFファイル 0.6MB)

3月、

第11回日中高等教育交流討論会「現代化に伴う大学の芸術教育の改革と発展」にて、日本側代表として「日本における伝統芸術の継承者の育成について」発表する。

4月、

「日本万博博覧会記念公園 大阪府継承式典」にて「三番叟」を勤める

8月、

彦根市教育委員会主催・夏休み子供狂言教室を主任

8月、

文化庁主催・夏休み和泉狂言教室を主任

9月、

オーストリア大使・ウィーン大使主催、ウィーン公演

10月、

ボローニャ大学にて狂言WS、シンポジウム、デモンストレーションを行う

11月、

千葉県文化財団主催公演「ヤマトタケルとオトタチバナヒメ」を劇作・演出・主演千葉県文化会館、東総文化会館にて二日間公演

2015年 2月、

桃山学院大学地域連携共同研究プロジェクト「中近世の日本とイタリアにおける仮面喜劇の生成発展と現代的実践について」第三回研究発表でヴェネツィア大学にて「狂言とコンメディア・デッラルテの源流を探る」シンポジウム・WS・デモンストレーションを行う
 ポスター資料はこちら  (PDFファイル 0.8MB)

2月、

パリにおいて、フランス木管五重奏ユニット・アルテコンボと狂言のコラボレーション「猿神」を劇作・演出・主演

3月、

延年にてフレンチバーレスクコメディとのコラボレーション「めらんじぇ」主催。新作「ムスケット」「シャンピニオン」を劇作・演出・主演
「親子の為のクラウンと狂言WS」や「ホスピタルクラウン&ホスピタル狂言」を企画、大阪市・堺市の病院へ笑いを届ける

5月、

長崎原爆70年 現代能「長崎の聖母」(多田富雄作)公演にて、ニューヨークジャパン・ソサエティー劇場及び、ボストン・マサチューセッツ大学にて神父役にて出演

7月、

日伯修好120周年記念「ブラジル能楽公演」に出演

8月、

彦根市教育委員会主催・夏休み子供狂言教室を主任
 稽古の様子はこちら  (PDFファイル 10.2MB)

8月、

文化庁主催・夏休み和泉狂言教室を主任
 稽古の様子はこちら  (PDFファイル 4.1MB)

8月、

第壱回「延年之會」発足。宝生能楽堂にて大曲「釣狐」を勤める

9月、

関西文化力会議にて 古代祭式「神降し」を演出
中之島宣言を奏上する

12月、

千葉県文化財団主催公演「やぶしらず」を劇作・演出・主演
千葉県文化会館にて公演

2016年 1月、

パリ日本文化会館「伝統の継承」企画開始
3日間にわたる能楽レクチャー、狂言デモンストレーションを行う

4月、

ニューヨーク アジア・ソサエティー劇場60周年記念公演にて
狂言「伯母ヶ酒」シテ甥、狂言「蝸牛」小アド太郎冠者を勤める

4月、

ワシントンにて「桜まつり」パレードに出演

5月、

パリ日本文化会館「伝統の継承」企画にて、「文楽の魅力」をプロデュース、文楽レクチャー、デモンストレーションの案内役 及び 狂言ワークショップを行う

6月、

京都観世会主催・復曲の会にて「鐵門」(高浜虚子作)悪尼役を勤める

8月、

彦根市教育委員会主催・夏休み子供狂言教室を主任

8月、

文化庁主催・夏休み和泉狂言教室を主任

8月、

第弐回「延年之會」国立能楽堂にて大曲「木六駄」を勤める

9月、

「あふさか能」第5回記念公演にて秘曲「金岡 大納言」を勤める

9月、

「ユネスコ能」にて狂言「寝音曲」を勤める

10月、

パリ日本文化会館「伝統の継承」企画にて、「能楽囃子の魅力」をプロデュース、四拍子レクチャー、デモンストレーションの案内役 及び 狂言ワークショップを行う

11月、

日本ベルギー友好160周年記念として、ブリュッセル公演で狂言「盆山」を勤める

11月、

パリ日本文化会館にて2日間能楽公演 「盆山」、「寝音曲」を勤める

11月、

日伊国交樹立150周年記念として、狂言とイタリア仮面劇のコラボレーション企画「コンメディア合戦!!狂言VSイタリア仮面劇」を大阪にてワークショップ、シンポジウム、コラボレーション公演を上演

12月、

日伊国交樹立150周年記念として、狂言とイタリア仮面劇のコラボレーション企画「コンメディア合戦!!狂言VSイタリア仮面劇」を東京にてワークショップ、シンポジウム、コラボレーション公演を上演

12月、

千葉県文化財団主催公演「八犬伝 其ノ零」を劇作・演出・主演
千葉県文化会館にて公演

2017年 1月、

能楽協会京都支部に移籍

1月、

パリ日本文化会館「伝統の継承」企画にて、「能 幽玄の世界」をプロデュース、能レクチャー、デモンストレーションの案内役 及び 狂言ワークショップを行う

4月、

アトリエオガ日本文化公演として「狂言」「茶道」「俳句」「祝詞」のパリ公演をプロデュース

5月、

パリ日本文化会館20周年記念公演として「伝統の継承」特別企画「和楽の世界 狂言への誘い」野村万蔵家狂言公演をプロデュース。2日間の狂言公演と狂言ワークショップを行う

その他、故八世万蔵の高弟としてその楽劇作品の全てに出演する。
公演以外にもヨーロッパ諸国演劇関係者への指導を積極的に行う。
NHK大河ドラマ等では「太平記」「炎立つ」「秀吉」「聖徳太子」「利家とまつ」及び古代史ドラマ「大化改新」に芸能者として出演。同時に各俳優に芸能指導を務める。

連絡先

Atelier OGA.(アトリエ オガ.)

[大阪オフィス] 大阪市中央区
[東京オフィス] 東京都文京区
[パリオフィス] Paris France

↑ページの先頭へ戻る