狂言師 小笠原匡 公式サイト

野村万蔵家を母体とする 「萬狂言」 関西代表 小笠原匡(能楽師 和泉流狂言方)のホームページです。
(運営:アトリエ オガ.)

イメージ画像

これからの活動

トップページ > これからの活動 > 延年之會

延年之會 (小笠原匡・弘晃 親子の狂言公演)

“延年”とは、平安朝にて行われていた仏教儀礼で、当時の様々な芸能が一堂に会して催された“日本最古の芸能祭”であるとされています。 その“延年”を現代の演劇祭として蘇らせるべく、2006年よりEenen 延年』企画と称し、様々な取り組みを行って参りました。

そして2015年8月、芸道30年、独立20年の節目を機に、『延年之會』と称する当方主催の会を発足し、故郷である東京にて毎年開催させて頂く運びと相成りました。

その後は、京都、大阪での公演に続き、2019年には「第1回 パリ延年之會」を開催し、活動を広めております。

最新の公演情報は公演のご案内をご覧ください。

第壱回 延年之會

2015年8月、第壱回『延年之會』を東京の宝生能楽堂にて開催いたしました。
愚息弘晃におきましては、3歳の折に野村萬師と勤めさせて頂きました国立能楽堂での初舞台『靱猿』から10年ぶりの東京舞台となり、 私小笠原匡におきましては、狂言の最高秘曲と呼ばれております『釣狐』に挑みました。

また、終演後の“発足祝賀会”におきましては、雅楽・声明、文楽、延年太鼓、民族舞踊など、数々の芸能をご堪能頂きました。

»  舞台の模様はこちらから (PDF 1.4MB)

第1回 延年之會 チラシ画像 延年之會 発足祝賀会 チラシ画像
第弐回 延年之會

2016年8月、第弐回『延年之會』を東京の国立能楽堂にて開催いたしました。

初世野村萬師にお相手を願い 長男・小笠原弘晃が『昆布売』を、私(小笠原匡)は九世野村万蔵師の胸をお借りし 大雪の峠で独り、十二頭の牛を追うという細やかな描写表現が必要とされ難易度の高い大曲『木六駄』に初めて挑みました。

また故八世万蔵(五世万之丞)師十三回忌の年であります事から、 師が劇作・演出し得意とされた落語狂言『子ほめ』を追善の意を込め勤めさせていただきました。

»  舞台の模様はこちらから (PDF 10.0MB)

第2回 延年之會 チラシ画像
第参回 延年之會

2016年12月、日伊国交150周年記念事業として、イタリア仮面劇「コンメディア・デッラルテ」と「狂言」のコラボレーション公演を東京の宝生能楽堂にて開催いたしました。

公演に先立ち、ワークショップ「イタリア伝統仮面劇コンメディア・デッラルテを学ぼう」や、 シンポジウム「古典喜劇の創造力-狂言をコンメディア・デッラルテ(イタリア即興仮面劇)で読み直す」を開催しました。

 詳細はこちらから

第四回 延年之會

2017年8月、第四回『延年之會』を東京の国立能楽堂にて開催いたしました。

この度は、長男・小笠原弘晃が『奈須与市語』を披かせていただきました。
当曲は狂言修行過程の節目として重要な位置を占めており、 那須与一が扇の的を射た『平家物語』の著名なエピソードを仕方をまじえ演ずるもので、 当人にとり初の“語り物”となります。

また私(小笠原匡)は野村萬師(人間国宝)・万蔵師の胸をお借りし 大曲『武悪』に初めて挑みました。

»  舞台の模様はこちらから (PDF 8.8MB)

第4回 延年之會 チラシ画像
第伍回 延年之會

2017年11月、第伍回『延年之會』を京都の大江能楽堂にて開催いたしました。

この度は、小笠原匡・弘晃親子の和泉流狂言公演『延年之會』を京都にて初めて上演させていただきました。

本公演は解説・体験を含めた初心者向けの企画とし、たくさんの方々に狂言に親しんでいただきました。

長男・小笠原弘晃におきましては、前回東京にて披かせていただきました『奈須与市語』を勤め、当人にとり関西初の 語り物 となりました。

»  舞台の模様はこちらから (PDF 7MB)

第伍回 延年之會 チラシ画像
第六回 延年之會

2018年8月、第六回『延年之會』を東京の国立能楽堂にて開催いたしました。
今回は夫婦をテーマにした稀曲づくしを上演いたしました。

弘晃が聟(むこ)入りの晴れがましい祝言曲『八幡の前』、私は人間国宝 野村萬師・万蔵師の胸をお借りして『清水座頭』・『石神』の二番に初めて挑みまた。

また、終演後の「直会」~演者と楽しむ懇親会~においては、萬師、万蔵師より貴重なお話を賜ることができました。

舞台の模様はこちらから

第六回 延年之會 チラシ画像
第七回 延年之會

2018年10月、第七回『延年之會』を大阪の山本能楽堂にて開催いたしました。
本公演はポピュラーな狂言を鑑賞いただくとともに、海外の文明に詳しいゲストを招き、日本の伝統文化・狂言の価値について考える対談を企画致しました。

舞台の模様はこちらから

第七回 延年之會 チラシ画像
第八回 延年之會

2018年10月、第八回『延年之會』を京都の大江能楽堂にて開催いたしました。
豊穣の秋を迎え、今回の公演は酒を主題とした代表演目三番を選びました。 酒の旨い時候に、舞台と共にその味わいを感じて頂ければ幸いです。 また本公演は解説と体験コーナーを設け、初心者の方にも楽しんで頂けるよう企画致しました。

舞台の模様はこちらから

第八回 延年之會 チラシ画像

■「Eenen 延年」企画について

本企画「Eenen 延年」は小笠原匡が、伝統芸能との狂言コラボレーションや、 現在途絶えてしまった様々な芸能を現代風にリメイクすることにより、「延年」を現代の芸能祭「Eenen 延年」として復活させたる試みです。

その第一弾として、2006年12月 「平成版・阿国歌舞伎」公演

NHK金曜時代劇「出雲の阿国」で芸能指導をさせて頂きました際、 大変お世話になりました阿国研究家の小笠原恭子先生の心強いお力を拝借し、 実際放映された歌舞音曲を劇場版にリメイクしました。 そこに、大小狂言を盛り込み、更に出雲にちなんだ狂言秘曲「節分」をあわせ、 一つの舞台を創り上げました。

 詳細はこちらから

第二弾は 「平家物語」を題材に…

2008年2月、第二弾として平家物語を題材に平家琵琶と狂言のコラボレーションを上演致しました。 王朝文化を支えた貴族社会が生み出した芸能である「平家詞曲」と日本で最初の庶民喜劇「狂言」のコラボレーション、大好評を得ました。

 詳細はこちらから

第三弾は 人形浄瑠璃と狂言の融合

2009年3月、第三弾として我が国の伝統的な人形劇「文楽」と庶民喜劇「狂言」とのコラボレーションを上演いたしました。

 詳細はこちらから

第四弾は イタリア仮面劇と狂言の融合

2009年12月12日、第四弾として 16世紀イタリアで生まれた即興仮面劇「コンメディア・デッラルテ」と、 日本伝統文化・芸術「狂言」の融合に挑みました。

 詳細はこちらから

第五弾は COMMEDIA合戦 「狂言 対 伊太利亜仮面劇」

2011年2月、第五弾として 昨年に引き続き、“狂言”とイタリア仮面劇“コンメディア・デッラルテ”とのコラボレーション公演を、今回はさらに踏み込んだものとしてご覧頂きました。

昨年十二月に大阪のアトリエ オガで行われた Angelo Crotti によるワークショップにおいて、 イタリアの仮面喜劇・コンメディア・デッラルテの中に狂言の演技の原型的エッセンスの存在を確認した我々は、 今回、様式化の中でやや見失われて行った狂言の社会性や多様な劇作的要素をコンメディア・デッラルテの演技、 演出の手法を借りながら掘り起こしてみようと考えました。また、日本の古典演劇の狂言とイタリアの伝統仮面喜劇の協同作業ということもあり、 日本が滑稽さまるだしで西欧文化と付き合い始めた明治時代を舞台に当時の言語を使って進められた翻案化は、 人間の「愚痴大全」とも言うべき狂言世界によって、近代日本の冒して来た愚行の軌跡を見直そうという試みでもありました。

 詳細はこちらから

第六弾は 狂言 × イタリア仮面喜劇 - 狂言の起源を探って

2012年9月、狂言の源流を探って、イタリアの仮面即興劇コンメディア・デッラルテとの共同作業を始めて三回目の公演を行いました。
今回は桃山学院大学の研究プロジェクトとも連動し、ワークショップやシンポジウムも絡めながら狂言の本来の意味を現代に蘇らせる試みとなりました。

狂言が生まれた中世は、人間の生命が疫病や戦乱に常に脅かされる不安な時代でしたが、 現代の日本も3.11以降頻繁化を予想される地震に原発にと、 狂言が誕生した時代に似て、不安との共存を余儀なくされています。
かつての狂言師にはそんな不安な時代を生き抜くのを助ける二つの大事な役割がありました。 一つは風刺によって社会の問題を浮き彫りにすること。 もう一つは、地の神を舞によって鎮めながら自然との交信を担う役割でした。
今回のEenen延年では、狂言のこの二側面をともに掘り下げながら、 現代という不安の社会にほんの一瞬でも治癒の時間をもたらすことができたのではないかと思っております。

 詳細はこちらから

第七弾は 狂言 VS フレンチ・バーレスク コメディ

2015年3月、延年第七弾は「Mélanger! めらんじぇ!」~身体で遊ぼう~ と題し、 2014年のフランス・アヴィニヨン演劇祭 [コミック&サーカス部門] でグランプリを獲得、 パリで話題沸騰中のコミックサーカス 「ウサギ食べるズ」(Les Mangeurs de Lapin レ・マンジュー・ドゥ・ラパン)の皆様をゲストにお迎えし、 狂言 VS フレンチ・バーレスク コメディ のコラボレーション公演を開催いたしました。
今回は阪急うめだ本店 「フランスフェア2015」 とのタイアップ企画で、 全6公演(3パターン)、2400名のお客様にご高覧いただきたいと、これまでの規模からは想像もつかぬ設定でございました。 また、公演に先立ち開催しましたワークショップも定員を超える盛況ぶりで、たいへん好評を得ました。

パンフレットをPDF(16.2MB)で見る。
2015年3月9日付 読売新聞(夕刊)で紹介されました。     ワークショップのチラシをPDFで見る。

 詳細はこちらから

「Eenen 延年」第八弾、および 「第参回 延年之會」は
イタリア仮面劇 VS 狂言 コンメディア合戦!!

2016年11月(大阪)・12月(東京)、日伊国交150周年記念事業として、イタリア仮面劇「コンメディア・デッラルテ」と「狂言」のコラボレーション公演を開催いたしました。

公演に先立ち、ワークショップ「イタリア伝統仮面劇コンメディア・デッラルテを学ぼう」や、 シンポジウム「古典喜劇の創造力-狂言をコンメディア・デッラルテ(イタリア即興仮面劇)で読み直す」を開催しました。

 詳細はこちらから

>> 「これからの活動」へ戻る

ページトップへ